ぼくのにっきとLoL講座 - ぼくLoL

僕ことシンクのダイエットに関しての日記とLOL講座です

コーチングを受ける際の心得

f:id:sync2418:20170516160810p:plain

コーチングの受け方について

はい、お久しぶりです。

コーチングの受け方ってなんだよ、って思われる方もいるかもしれませんが
今まで色んな方にLoLコーチングさせてもらった際、当たり前ですが教わる側の意識次第で効果が全く違うなと感じました。
その経験から色々と思った事を書捨てて行こうかなと思います。

自分の中の曲げたくない事は整理しておく

まずこれが一番大事です。
どういう事かといいますと、大きなもので言えばレーンですね。
サポートを上手くなりたい!と思っていても向いているのはミッドだったりするかもしれませんが
そう言われてもサポートを上手くなりたいのであればそう簡単にレーンチェンジはしませんよね。
チャンピオン等もそうですね、タンクタイプがいいだとかキャリータイプがいいだとかもそうなります。
そういった拘りはしっかり言葉にしておいて最初に伝えましょう。
教える側としても選択肢を絞れるので非常に助かります。

 

自分の培った知識は一度まっさらにしておく

コーチングを受けようという方は向上心の強い方が多いです。
ですが、向上心の強い方は意外とコーチングを受けても伸びない事があります、これはLoL以外にも言えることです。
なぜかというと、自分で調べてしまうんですね、ある程度の事を。
プロシーンを見て勉強したうえで、やれロテートがどうの構成がどうのと
プレイヤーとして成熟する前に固まった自分の意見を持ってしまうんですが、教える側としてはコレは非常に邪魔になります。

何故かと言えばその自分の意見と、コーチの意見をその場で混ぜ合わせようとしてしまって
コーチの意図したものとは違った受け取り方をしてしまうケースがよく有るからです。

例にしてみると


・説明した部分に関して、ここはこう言ってるけど他のプロがこうしてたからこうしてみようと勝手に内容を変えてしまう
・言われた通りやってみたけど何か違う、やっぱりこうなんじゃないか?と反復練習をせずすぐ止めてしまい自分のスタイルに戻してしまう

 

こういった具合ですね。
解決策としては取り敢えずコーチの意見を全肯定するぐらいの勢いで話を聞いてください。
コーチは貴方よりも遥かに多くの経験と知識があり、その上で上達への近道を貴方の為に模索して提案しています。
出来るだけその意見をそのまま聞き入れたほうが間違いなくいい方向へ向かいます。
ですが、コーチの言うことにどうしても納得出来なければその部分について質問し、納得出来るまで話し合ってください。
一番行ってはいけないのはコーチの言うことを中途半端に聞く事です。お互いにとって時間の無駄になるでしょう。

そうなるぐらいなら意見が合わなかったということで、と打ち切ってしまったほうがマシかと思います。

 

・教わった事を反復練習する

大前提として理解しておいて頂きたいのが八割方コーチングされた直後は一時的に下手になるということです。
今までの自分のスタイルを多少なりとも崩して上達の為に新たな事を試し、意識を別の事に向けることになるからです。
コーチングは魔法でもなんでもありませんコーチングはあくまで練習方法の確立・効率化とその人が気づいていない事を補足することに過ぎません。

ですので、うまくなるには練習しかないのです。
コーチに言われた内容を自分自身肌で理解出来るまで練習したうえではじめて、それまでの自分のスタイルを盛り込む選択肢が生まれます。
大幅に上達するタイミングがあるとすればココでしょう、ココまで我慢出来るかどうかは非常に大きいと思います。

 

 

長くなりそうなので今回は以上です、またなんか思いついたら加筆します。