ぼくのにっきとLoL講座 - ぼくLoL

僕ことシンクのダイエットに関しての日記とLOL講座です

中級:昇格戦の心得

f:id:sync2418:20170405124111p:plain

メンタルコントロール

はい、お久しぶりです。今回はBo3やらBo5やら、要するに昇格戦に挑む際の心構えのようなものを連々書いていきます。

あまりよろしくない実体験も含めて話していこうと思います。

このゲームは非常にメンタルに引っ張られるゲームなので、今回の記事に書くような事を意識できれば色々違ってくるのではないでしょうか。

 

昇格戦の重み

はい、昇格戦の1戦1戦は非常に重いです。

ただでさえ連勝を積み重ねていかなければ辿り着けない昇格戦で、更に連勝ないし勝ち越さなければいけないのだからプレッシャーや、負けた時のストレスも大きなモノになっていくでしょう。

序盤不穏な展開になり、負けが濃厚になるとシリーズを失敗した先の事を考え始め、また昇格戦までたどり着かなければいけないのか…とブルーになる人も多いのではないでしょうか。

まぁ、はい。非常に気持ちは分かります。ですがそんな時

「gg」とか言ってしまってませんか?

ましてや暴言なんて吐いてないでしょうか?

勝ち目が完全にないわけでもないのに、この先のストレスを勝手に想像して一人で潰れてはいないでしょうか?

そうなってしまっているのであれば、自分の為にも意識を変えるべきです。

 

他人にとってはただの数百戦のうちの1戦

 どれだけ自分にとって大事な1戦であろうと、ライオットのマッチシステムで同じチームになっただけの赤の他人であるチームメイトにとってはどうでもいいただ普通の1戦です。

自分にとって大事な1戦なのですから、自分でどうにかするしかありません。

チームメイトが弱かろうと、運悪く対面にダブルバフが渡ろうと、その試合で勝ちたいなら自分で頑張るしかないのです。

 

昇格戦の特性

ここで冒頭で書いたよろしくない実体験というのを話しますと、とある方のダイア5からダイア4への昇格戦で僕がジャングラーだった際にスマイトを忘れてしまったんですね。

当然リメイク機能を使って試合をやり直したんですけど、その後その昇格戦に入っていた人にTwitterでサモナーネームの映った画像を貼ってゴミ呼ばわりされてたということを人伝で聞ききました。

次の試合でも件の人と一緒になったんですが、当然気分はよくありませんし

は~wコイツの昇格戦のために頑張りたくねぇな~w適当にプレイするか~w

と、なりました。

その試合がどうなったかというとチーム全体が負け、昇格戦の人は一人炊いて暴言吐いている内に終わりました。

その後彼は昇格戦を落とし、今この記事を書く際にチェックした所未だダイアモンド5に留まっているようです。ご飯がおいしいです。

 

僕の子供っぽい性格はともかくとして、大体のLOLプレイヤーは気に入らないプレイヤーに対してこういう思考になると思います。

好きでもない他人の昇格を好き好んで手伝おうとするプレイヤーのほうが少ないんです。

もちろんポジティブな態度をとっていたり、良いプレイを見せていて同じチームになったら嬉しいと思えるようなプレイヤーであれば

アイツが昇格戦だし頑張ってやるか!ともなるのですけれどもね。

このゲームは他人とプレイするゲームなので、なるべく敵は作らないほうがいいと思います。少なくとも、ランクドゲームの中では。

 

要するに何が言いたいのかというと

集中に繋げられ、ポジティブにプレイできるのでしたら意識してもいいかもしれませんが

Bo5やBo3を意識しすぎて潰れるぐらいなら、あまり意識しないほうがいいです。

 

昇格戦とはいえ貴方にとっても、数百戦の中の1戦です。

しっかりプレイして、順当に勝っていけるのなら自然にランクはあがります。

肩の力を抜くのも、大事だったりするんですよね。

 

 

いつも通りまとまりの無い文章ですが、今回の記事は以上です。

また気が向いたら更新します。